menu

ビットコインで稼ぐ仕組みとは - ビットコインで稼ぐには?

HOME » ビットコインで稼ぐ » ビットコインで稼ぐ仕組みとは

ビットコインで稼ぐ仕組みとは

ビットコインは仮想通貨として開発されたものです。
電子データ上で流通しているオリジナル通貨とはいえ、一応は通貨なのです。
それで稼ぐとは、本当に可能なことなのか、疑問もあるでしょう。
その仕組みについてご紹介しましょう。

これで稼ぐことができるのは、ビットコインの価格も現実の法定通貨と同じように、価値が変動しているからです。
そのため、タイミングや運さえよければ、ただビットコインを持っているだけで、お金を稼げることもあります。
どういうことかイメージするために、円とドルの交換をイメージしてみてください。
たとえば1ドルが100円のとき、円をドルに替えておいたとします。
その1ドルが今後もずっと100円相応の価値なのかというと、そうではないですよね。
これら値段の相場は、それぞれの時期によって変わります。

しばらく待って、1ドルが150円になったとしましょう。
このときに替えておいたドルを円に戻したとすると、150円になるわけです。
これは100円で買った1ドルが150円で売れたようなものですから、50円の利益が出たわけですね。
円やドルといった現実の法定通貨でも、このような方法で稼ぐことができます。

そしてビットコインで稼ぐというのも、仕組みはこれとほぼ同じです。
この仮想通貨がほしいときは、円やドルなど、それぞれの通貨で購入する形になります。
これはつまり、円とビットコインを交換しているわけです。
ここは先ほどの円とドルの交換と同じですね。
そして円とビットコインの交換レートも、円とドルの交換レートと同じく、毎日変動します。
100円で買ったビットコインが、しばらく待つうちに150円で売れるようになることもあるわけです。
すると、そのタイミングでビットコインを円に戻せば、ビットコインを買う前よりもお金が増えたことになるのですね。

ビットコインで稼ぐとよく言われるのはこのような仕組みになり、円やドルなどの法定通貨で行われていることと、大きくは違いません。
そのため、運が良ければ、ただビットコインを持っているだけでも稼げます。
何かの機会にビットコインを買ったとしましょう。
それが興味本位のものでも、特に問題はありません。
それからしばらく経ってこれを円に戻そうとしたとき、レートが買った当時よりも高くなっていれば、稼げます。
円を円のままで持っていれば、普通ならありえない稼ぎ方ですが、その通貨を一度ビットコインに替えていれば、このような形で稼げることもあるのです。
ビットコインで稼げることがある仕組みは、このようになります。